hamamatsu

hamamatsu

会社案内

光沢加工機メーカーのパイオニアとして

“モノづくりの基本”を守る変わらぬ姿勢

株式会社ハママツの前身は、大正13年に印刷機械の製作・修理を事業として創業した『浜松製作所』。昭和20年から、紙面の光沢加工機メーカーのパイオニア的存在として、国内の大手印刷会社を中心とした印刷業界に"独自の光沢加工技術"で大きく貢献してきました。
日本においては、未開拓であった光沢加工技術をいち早く海外から取り入れ、独自の技術を開発。お客様の様々なニーズに応える光沢加工機を手掛け、「光沢加工では、ハママツの名前を知らない人はいない」といわれるほどに成長いたしました。

私たちの機械は、そのほとんどがオーダーメイド製品となります。
というのも印刷クオリティーに関して厳しい目を持つ日本のお客様の様々なニーズに応えるには、幾度となく打ち合わせを重ね、カスタマイズしていかなければならないからです。
「他のメーカーと比較するとコスト的には高い」といわれることもございます。しかし、ニーズに合った確かな技術と、トラブルが少なく安心して使用でき、安定したクオリティーを保てる機械を提供するという"モノづくりの基本"をきっちりと守り、メーカーとしての責任を果たしてきました。「ハママツの機械を入れたおかげでクオリティーが上がり、受注件数が増えた」「ハママツの機械導入によって、作業効率がアップし、業績が伸びた」こういったお客様の声が私たちにとって、何よりも喜ばしいことであります。

今後もメーカーとして、創業当初より変わらぬ姿勢を貫くのはもちろん、常に新しいものに目を向け、より幅広いお客様が満足いく技術・製品開発に努めてまいります。

日本で育てられた技術を世界へ

クオリティーに厳しい日本のお客様のニーズに応えることで、私たちの光沢加工機は世界からも注目を浴びるようになりました。光沢技術のクオリティーは今や全世界で求められるようになり、ヨーロッパをはじめ、アメリカ、オーストラリアといった国にはすでにハママツの光沢加工機を提供しています。

今後は、日本で育てられたハママツ独自の光沢加工技術と長年の経験で培ったノウハウを駆使した機械を、近年成長著しいアジア圏の国々のお客様にも提供していきたいと考えております。また、国内においては印刷業界のみならず、液晶分野や住宅分野といった新しいニーズに対応する技術・製品の開発にも注力していきます。

株式会社ハママツ 代表取締役 濱松克嘉

会社概要

会社名 株式会社ハママツ
設 立 平成10年9月11日
代表者 濱松克嘉
資本金 金7,020万円
所在地 埼玉県さいたま市西区水判土8
電話番号 048-625-8002
FAX番号 048-625-8005
従業員数 17名
営業内容 印刷関連機械の製造、修理、販売
取引銀行 埼玉りそな銀行、足利銀行、群馬銀行、商工組合中央金庫

ハママツのあゆみ

大正13年 印刷機械製作および修理工場として、濱松政治郎が浜松製作所を設立
昭和20年 北区において印刷修理と光沢機械製造、販売を目的に株式会社浜松製作所に改組
昭和39年 東京都都知事賞を受賞
昭和47年 各種機械発明により、勲四等瑞寶賞を受賞
昭和58年 濱松弘造 社長就任
平成2年 ラミネート用カッター(1枚刃)の世界特許を取得
平成4年 ラミコートシステムの特許を取得
平成10年 全日光沢加工組合の支援により株式会社ハママツを設立し旧会社技術を継承する
濱松秀子 社長就任、濱松弘造 会長就任
平成20年 各種ラミネーター、ラミコートシステム、リバースコーター、等の最新技術の研究及び開発製造販売を行い、各種の特許を出願取得
平成21年 濱松克嘉 社長就任